2010年02月26日

岡山県が独自の学力テスト 中1を対象、平成23年度から(産経新聞)

 岡山県教委は18日、平成22年度当初予算案の教育関連事業について発表した。

 退職教員を教員の研修に派遣し指導力向上を図る「教科指導の匠活用事業」に393万円を計上したほか、県内の中学1年全生徒を対象に平成23年から県独自で学力テストを行う「学力・学習状況調査事業」に1298万円、8月開催予定の「全国中学校体育大会」に1980万円を充てた。

 一方、家庭教育支援事業の「子育ち・親育ち応援事業」はこれまでの国庫負担割合が大幅に減額された影響で前年度の1515万2千円(国庫負担分約1400万円)から、今年度は465万円(同約126万円)に大幅減額された。

【関連記事】
全国学力テスト178校抽出、栃木2市が不参加の意向
学力テストで鳥取知事、抽出方式を批判 「確認手段なくなる」
女子中生の3割「運動しない」 子供の運動、二極化 文科省調査
日本の教育を憂う 学力テスト見直しで「競争は必要だ」
北教組家宅捜索 日教組の牙城、突き上げ放題 

低迷ふるさと納税、寄付増狙いネットでカード払いOK 大阪市(産経新聞)
普天間、複数案を地元と米側に打診か…防衛相(読売新聞)
殺人容疑で48歳男逮捕=自宅焼け跡、女性遺体事件−宮城県警(時事通信)
英国の33歳女性、18回流産乗り越え出産(スポーツ報知)
コウノトリ産卵、5年連続で確認(産経新聞)
posted by タケザワ モトハル at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AEDの不具合疑い328件=01年以降で−消防庁調査(時事通信)

 全国の消防本部が使った自動体外式除細動器(AED)がうまく作動せず、機器の不具合が疑われるケースが2001年以降で少なくとも328件あることが19日、総務省消防庁などによる初の調査で分かった。AEDは心肺停止状態の傷病者に対する救命活動で使用するが、これらの事例と傷病者の容体変化に因果関係があったかどうかは不明という。
 機器本体の不具合だけでなく、使用方法や管理上の誤りがあった可能性もあり、厚生労働省の専門研究班が現在分析作業を進めている。今年度中に結果をまとめる予定で、機器の不具合が判明すれば、製造業者への自主回収指示などの対策を講じる考えだ。 

国家公務員、65歳まで勤務なら人件費2割増(読売新聞)
無職少年「沙耶さんの姉狙った」…石巻3人殺傷(読売新聞)
被爆桜 平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹(毎日新聞)
佐藤ゆかり氏、参院比例選に自民公認で出馬へ(読売新聞)
<山崎宇宙飛行士>搭乗のシャトル打ち上げ延期 4月5日に(毎日新聞)
posted by タケザワ モトハル at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。