2010年03月30日

シー・シェパード 監視船が下関入港 水産庁が調査(毎日新聞)

 南極海での調査捕鯨に加わっていた監視船「第3勇新丸」(742トン)が27日朝、山口県下関市に入港した。反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船との接触で左舷船尾に大きくこすれた跡などがみられ、水産庁は乗組員から事情を聴くとともに、損傷状況の調査に入った。

 調査捕鯨船団は第3勇新丸を含め、母船「日新丸」(8044トン)など計5隻。第3勇新丸は反捕鯨団体に対応するため、捕鯨船団初の「妨害予防船」として昨年11月に下関を出港した。監視船「第2昭南丸」(712トン)=既に帰国=と共に約4カ月間、監視活動をした。2月6日、SS抗議船と接触、船尾甲板の手すりが曲がったが、乗組員約20人にけがはない。

 第3勇新丸はSSの妨害行為が落ち着いてきたため一足先に帰国。残り3隻も、4月中に帰国の予定。当初予定していたクロミンク850頭、ナガス50頭の捕獲は妨害のため、達成できなかったという。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船船長の拘置延長
シー・シェパード:第2昭南丸船長ら告訴
シー・シェパード:抗議船船長の拘置決定
シー・シェパード:捕鯨監視船を実況見分 容疑者立ち会い
シー・シェパード:今後の展開に不安の声も 船長逮捕

<秋篠宮家>眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
郵政グループ株式「もちろん公開」亀井氏(読売新聞)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)
<普天間移設>鳩山首相、米に理解求めていく考えを強調(毎日新聞)
posted by タケザワ モトハル at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。